肝臓の疲れ回復に効果を実感!お酒の上手な付き合い方とは?

肝臓の疲れがお酒の付き合いが続いて回復しない

肝臓が疲れやすい生活を、去年は送っていましたね。朝起きようとしてもなかなか起きられず、特に午前中は、からだがだるくて仕方ががありませんでした。
 

仕事柄、夜のお酒の付き合いがどんなに少なくても週に2回、多いときだと平日の5日間すべてが飲み会なんてことも多々あります。

こんな生活をしているものですから、飲酒の翌朝は、アルコールが抜け切らない感覚がしてからだもだるく、さすがに肝臓が疲れてきてしまっているのを感じます。


そこで、お酒の付き合いが続いても肝臓の疲れをすぐに回復できるようにしようと考え、肝臓にいいことをしたおけげで、体調万全でお酒を楽しむことができたのです。

 

肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれている

お酒の付き合いが続いて肝臓が疲れても回復できるようにしたいと考えた私は、まず、肝臓について調べましたね。

肝臓は、「沈黙の臓器」と呼ばれていて、肝臓に多少負担がかかっていてもすぐに何らかの症状が出るというわけではなく、自覚症状を感じないのだそうです。


逆に言えば、自覚症状が出たときには、肝臓の異常がかなり進行している恐れがあります。

ですので、お酒を飲む機会の多い人は、肝臓に症状が出ていないからといって、肝臓が健康とは限らないのですね。

 

肝臓は「代謝」と「解毒」の働きをしてくれる

肝臓には、からだの健康を保つうえで、2つのとても重要な役割をしています。

その2つの重要な役割とは、「代謝」と「解毒」です。


代謝とは、食事から摂った栄養を貯えてエネルギーに変え体中に供給する働きで、解毒とは、体内の老廃物などの有害物質を分解してからだに害を与えなように無毒化する働きです。

肝臓の疲れが続くと、これら代謝や解毒の働きが低下して、身体の不調を引き起こし健康を損なう原因となってしまいます。

 

肝臓の疲れ回復に効果を実感したサプリ

肝臓の重要性を知った私は、より一層肝臓にいいことをする必要があると感じ、ネットで探しましたね。

そこで、お酒を飲む機会の多い人は、肝臓の疲れを回復するためにサプリを飲んでいる人が多いことを知りました。


肝臓をケアするサプリを継続して飲むことで、しじみや牡蠣エキス、スクワレンなど肝臓に良い栄養成分を摂取することができます。

しじみや牡蠣エキスは、肝臓の解毒作用を助けて肝臓の負担を軽くしてくれるとのことでしたので、肝臓の疲れを心配していた私は摂取しておきたいと考えましたね。


私が、購入したサプリは、レバリズム です。


しじみや牡蠣エキスが配合されているからでしょうか、開封したときに少し魚のニオイがしましたが、飲んでみたところ、魚臭さを感じることはなかったので安心しました。


肝臓の働きをサポートするサプリを飲むようになって、半年くらい経ったでしょうか。

仕事も順調で、取引先が増えたおかげで接待やお酒の付き合いも増えましたが、サプリを飲む前とは比較にならないほど疲れがすぐに回復しました。

連日のようにお酒を飲んで、「朝スッキリ起きられるかなあ」と心配をしても、翌朝には不思議なほど身体が軽く感じるまでに回復しています。

今までのように、お酒もからだのダルさも残ることもなく、体調万全でバリバリ仕事ができるようになりました。


仕事の上でお酒の付き合いも重要視している私に、仕事への意欲を益々高めてくれたサプリは、こちらです。
肝臓の働きをサポートするサプリ『レバリズム』